logo para.jpg

寄生虫に関する検査・診断・治療および研究を専門とする研究室です

先進国から途上国まで、世界中に分布する原虫感染症をいかにコントロールするか?


感染症法によって全数把握されている寄生虫症の昨年度の累積報告数(IDWR2016年50週)はエキノコックス症(20件)、マラリア(53件)、アメーバ赤痢(1089件)、ジアルジア症(68件)、クリプトスポリジウム症(14件)であり、その他の寄生虫症についてもアカントアメーバ角膜炎、膣トリコモナス症、トキソプラズマ症、アニサキス症、ぎょう虫症および犬回虫などによる幼虫移行症の国内発生が知られる。
 当講座では、寄生虫症の検査および治療に関する基礎的研究を実施している。

(1)分子疫学:分子分類をもちいた進化学的解析によって各寄生虫におけるライフサイクルの成立過程を解明し、寄生虫まん延を抑止する効果的な介入戦略を確立する。

(2)寄生虫に対する治療薬探索:既存薬の適応拡大によって、自由生活アメーバ脳炎やクリプトスポリジウム下痢症に対する新たな治療法を確立する。

(3)非病原性寄生虫の治療応用:途上国に高度にまん延する非病原性原虫を用いた糞便移植による腸内微生物叢再構築によって、抗生剤起因下痢症、自己免疫性腸炎などの症状改善、治癒を目指す。

(3)国際協力:途上国の学校保健における寄生虫対策への協力。


A)新規抗原虫薬開発

 原虫特異的代謝ステップの同定,酵素学的・生化学的解析による新規抗原虫薬開発のためのシーズ探索と共に,抗ガン剤などの感染症以外で使用されている従来薬を用いた抗原虫作用のスクリーニングを実施してきた。これまでにリアルタイムPCRによるクリプトスポリジウム定量法を確立し,培養系における薬剤候補基質の幅広いスクリーニングを実施してきた。平成22年度からは科学研究費補助金基盤研究(C)において「クリプトスポリジウム症の効果的な治療に関する研究」が採択され,抗ガン剤を含む既存薬の適応の拡大を含む抗原虫薬開発を進めている。

B)分子分類による原虫分類の再評価

 分子生物学の発展と遺伝子レベルでの種内および種間多型の解析成果は,長年にわたり形態学的なアプローチによって検出・記載されてきた生物分類に革命的な変化をもたらし,さらに進化学的な解析までも可能になってきた。また,PCRを用いた高感度の検出は,臨床での原虫スクリーニングに極めて有用である。

■平成22年度科学研究費補助金基盤研究(C)「腸管寄生原虫類の網羅的検出法の開発と遺伝子情報リファレンスの構築」の採択により,網羅的な腸管寄生原虫検出法開発のアプローチが可能となった。平成21年度までには,病原性原虫であるクリプトスポリジウム,ジアルジア,赤痢アメーバなどについて詳細な遺伝子型解析が実施可能となっていたが,さらにEntamoeba spp.において,病原性および非病原性赤痢アメーバばかりでなく,ハルトマンアメーバ,大腸アメーバ等のヒトから検出されるその他のアメーバ原虫をも網羅的に検出同定可能な新法を構築し,さらに腸トリコモナスやメニール鞭毛虫などの従来非病原性とされてきた原虫にもターゲットを拡げ,免疫不全状態における日和見感染症としての各原虫の可能性についての評価を継続している。

ジアルジアにおける種内多型形成メカニズムの解析:ジアルジアは分子生物学的には7 遺伝子型に分類されているが,そのうちヒトから検出される遺伝子型AとBは,ともに世界中で分離されているものの,Aが遺伝的に高度に保存され,ほぼ全世界で同一の遺伝子配列が検出されるのに対して,Bでは,すべての分離株が新たな変異を含む無数の多形を示し,互いに著しく異なる性質を示す。この点について,当教室では,パレスチナ,インドネシアといった異なる地域から採取したジアルジアについて詳細な遺伝子型解析を実施し,大陸別,国別といったマクロの地理的分離の知見はジアルジアの遺伝子型には認められず,ヒトから検出される2種の極めて異なる遺伝子型の性質の違いを説明できないことを示した。また一方で,まん延地域では,ミクロレベルで意味をなす何らかのライフサイクルの隔離が存在する可能性のあることがGPSマッピングにより明らかになり,尿中分泌型の抗ジアルジア抗体の検出による獲得免疫評価とともに,その詳細解析が継続中である。

その他,角膜炎の原因となる,アカントアメーバについても,その種内多型解析を進めてきた。アカントアメーバの遺伝子型分類では,ほぼすべての臨床分離株が限定されたいくつかのクラスターに集中することが知られ,日本国内でも同様の結果となることが,明らかになった。

C)インドネシアにおける腸管寄生原虫対策の構築

 腸管寄生原虫は,途上国での下痢起因原虫としても重要だが,臨床の現場でこれらの原虫の検査はほとんど行われていない。これは,検査無しでの抗生剤による盲目的治療が実施されているということだが,ジアルジア,赤痢アメーバの特効薬であるメトロニダゾールは通常選択肢に含まれず,またジェネリック薬が極めて安く普及している現状を考慮すると実に残念な事態であるといえる。この観点から,途上国おける腸管寄生原虫の感染実態の調査を2009-2010年度も引き続き実施した。これまでのデータでは,ジアルジア,アメーバのような原虫が学童において各々約10-20%,あるいは約30-40%という高い感染率を示し,健常人ではほとんど症状を示さないタイプの原虫であっても,小児に対する感染負荷が無視できない可能性が明らかになってきた。特にアメーバ類では詳細情報がこれまでに知られていなかったことから,まん延地域からの糞便サンプルの綿密な解析結果が重要であり,データ収集を継続している。

ページトップへ


論文業績

(英文論文)
Matey EJ, Tokoro M, Nagamoto T, Mizuno T, Saina MC, Bi X, Oyombra JA, Okumu P, Langat BK, Sang WK, Songok EM, Ichimura H.
Lower prevalence of Entamoeba species in children with vertically transmitted HIV infection in Western Kenya.
AIDS. 2016 Mar 13;30(5):803-805. PubMed PMID: 26919716.

Matsubayashi M, Kanamori K, Sadahiro M, Tokoro M, Abe N, Haritani M, Shibahara T.
First molecular identification of Entamoeba polecki in a piglet in Japan and implications for aggravation of ileitis by coinfection with Lawsonia intracellularis.
Parasitol Res. 2015 Aug;114(8):3069-73. doi: 10.1007/s00436-015-4509-9.

Matsubayashi M, Murakoshi N, Komatsu T, Tokoro M, Haritani M, Shibahara T.
Genetic identification of Entamoeba polecki subtype 3 from pigs in Japan and characterisation of its pathogenic role in ulcerative colitis.
Infect Genet Evol. 2015 Aug 28;36:8-14. doi: 10.1016/j.meegid.

Kentaro NAKAMOTO, Masaharu TOKORO , Tomoyo NAKAMOTO, Atsuko SAITO-ITO, Yosaburo OIKAWA, Nobuhiro TAKADA Takahiro MATSUMURA, Shunsuke ARAYAMA, Mudyawati KAMARUDDIN
Widespread distribution of Trypanosoma (Herpetosoma) grosi in Japanese field mice (Apodemus speciosus)
Jpn. J. Vet. Parasitol. 2014 Dec;13(2):67-73

Kamaruddin M, Tokoro M, Rahman MM, Arayama S, Hidayati AP, Syafruddin D, Asih PB, Yoshikawa H, Kawahara E.
Molecular characterization of various trichomonad species isolated from humans and related mammals in indonesia.
Korean J Parasitol. 2014 Oct;52(5):471-8. doi: 10.3347/kjp.2014.52.5.471.

Yamazaki N, Kobayashi A, Yokogawa H, Ishibashi Y, Oikawa Y, Tokoro M, Sugiyama K.
In vivo imaging of radial keratoneuritis in patients with Acanthamoeba keratitis by anterior-segment optical coherence tomography.
Ophthalmology. 2014 Nov;121(11):2153-8. pii: S0161-6420(14)00397-2. doi: 10.1016/j.ophtha.2014.04.043.

Md Moshiur RAHMAN, Kengi YAGITA, Akira KOBAYASHI, Yosaburo OIKAWA, Amjad I.A. HUSSEIN, Takahiro MATSUMURA, Masaharu TOKORO
Genetic Characterization of Clinical Acanthamoeba Isolates Using Gene Loci of Nuclear and Mitochondrial Small Subunit Ribosomal RNA
Korean Journal of Parasitology. 2013 Aug;51(4):401-411

Otsubo K, Sakaki-Nakatsubo H, Taneichi H, Nomura K, Miyawaki T, Tokoro M, Kanegane H.
Giardiasis in a patient undergoing chemotherapy for retinoblastoma and acute myelogenous leukemia. Pediatr Int. 2013 Aug;55(4):524-7.
doi:10.1111/ped.12078. PubMed PMID: 23910805.

Yamazaki N, Kobayashi A, Yokogawa H, Ishibashi Y, Oikawa Y, Tokoro M, Sugiyama
K. Ex vivo laser confocal microscopy findings of cultured Acanthamoeba
trophozoites. Clin Ophthalmol. 2012;6:1365-8.

Yokogawa H, Kobayashi A, Yamazaki N, Ishibashi Y, Oikawa Y, Tokoro M, Sugiyama
K. Bowman's layer encystment in cases of persistent Acanthamoeba keratitis. Clin
Ophthalmol. 2012;6:1245-51.

Arai T, Kimata I, Kitade Y, Nakamoto K and Tokoro M.
In vitro assessment of anticryptosporidial efficacy and cytotoxicity of
adenosine analogues using a SYBR Green real-time PCR method
Journal of Antimicrobial Chemotherapy. 2011 Mar;66(3):560-3.

Kamikawa R, Inagaki Y, Tokoro M, Roger IA, Hashimoto T.
Split introns in the genome of a divergent eukaryote Giardia intestinalis are excised by spliceosome-mediated trans-splicing
Current Biology. 2011 Feb 22;21(4):311-5.

Tokoro M, Syafruddin D, Itoh M, Asih P, Rahman M.
Can humoral host immune responses prevent Giardia infection?: The urinary antibody titers in Indonesian school children
XII International Congress of Parasitology ICOPA. 2010 Aug;135-138

Suzuki Y, Nakamura T, Tokoro M, Togano T, Ohsaka M, Kohri M, Hirata Y, Miyazaki K, Danbara M, Horie R, Miura I, Sunakawa K, Higashihara M.
A case of giardiasis expressing severe systemic symptoms and marked hypereosinophilia.
Parasitology International. 2010; 59(3):487-9.

Hussein AI, Yamaguchi T, Nakamoto K, Iseki M, Tokoro M.
Multiple-subgenotype infections of Giardia intestinalis detected in Palestinian clinical cases using a subcloning approach. Parasitology International 2009; 58(3):258-262.

Abe N, Kimata I, Iseki M: Molecular evidence of Enterocytozoon bieneusi in Japan. J Vet Med Sci. 2009 Feb;71(2):217-9.

Abe N, Tanoue T, Ohta G, Iseki M: First record of Eimeria furonis infection in a ferret, Japan, with notes on the usefulness of partial small subunit ribosomal RNA gene sequencing analysis for discriminating among Eimeria species. Parasitol Res, 103:967-970, 2008.

Matsubayasi M, Nagano S, Kita T, Narushima T, Kimata I, Iseki M, Hajiri T, Tani H, Sasai K, Baba E: Genetical survey of novel type of Cryptosporidium andersoni in cattle in Japan. Vet Parasitol, 158: 44-50, 2008.

Arai T, Hussein AIA, Iseki M, Tokoro M
New strategy for the development of chemotherapy drugs against Cryptosporidium infection
Parasitic Zoonoses in Asian-Pacific Regions 2008:81-84

Hussein AIA, Yamaguchia T, Tanaka M, Tokoro M
Giardia intestinalis Genotyping to Where?
Parasitic Zoonoses in Asian-Pacific Regions 2008:74-78

Tokoro M
Intraspecies diversity of intestinal protozoan parasites: How did they evolve into human pathogens?
Parasitic Zoonoses in Asian-Pacific Regions 2008:33-37

Nagano S, Matsubayashi M, Kita T, Narushima T, Kimata I, Iseki M, Hajiri T, Tani H, Sasai K, Baba E: Detection of a mixed infection of a novel Cryptosporidium andersoni and its subgenotype in Japanese cattle. Vet Parasitol. 2007 Nov 10;149 (3-4) : 213-8.

Tokoro M, Nakamoto K, Hussein AIA, Arai T
Genotyping of Cryptosporidium species: current status and future direction.
Parasitic Zoonoses in Asian-Pacific Regions 2006(Edited by Nagano I and Takahashi Y)2006:3-7 ISBN978-4-88361-444-8
Publisher: Sankei-sha Co., Ltd.

Hussein AIA, Nakamoto K, Yamaguchi T,Yoshida T, Tokoro M
Technical notes for the genotyping of Giardia intestinalis.
Parasitic Zoonoses in Asian-Pacific Regions 2006:10-13

Nozaki T, Ali V, Tokoro M
Sulfur-containing amino acid metabolism in parasitic protozoa.
Advances in Parasitology. 2005;60:1-99.

Abe N, Kimata I, Tokoro M
Genotyping of Giardia Isolates from Human in Japan Using the Small Subunit Ribosomal RNA and Glutamate Dehydrogenase Gene Sequences.
Japan Journal of Infectious Disease 2005; 58:57-58.

Tokoro M, Asai T, Kobayashi S, Takeuchi T, Nozaki T
Identification and characterization of two isoenzymes of methionine gamma-lyase from Entamoeba histolytica. A key enzyme of sulfur-amino acid degradation in an anaerobic parasitic protist that lacks forward and reverse trans-sulfuration pathways.
Journal of Biological Chemistry 2003 Oct 24;278(43):42717-27.

Sanuki J, Nakano K, Tokoro M, Nozaki T, Okuzawa E, Kobayashi S, Asai T.
Purification and identification of major soluble 40-kDa antigenic protein from Entamoeba histolytica : its application for serodiagnosis of asymptomatic amebiasis.
Parasitology International 2001;50:73-80.

Nozaki T, Saito-Nakano Y, Tokoro M, Takeuchi T.
Sulfur-amino acid biosynthesis in Entamoeba. Characterization of a gene-encoding cystathionine gamma-synthase involved in methionine biosynthesis from entamoeba.
Archives of Medical Research 2000 Jul-Aug;31(4):S69-70.

Nozaki T, Tokoro M, Imada M, Saito Y, Abe Y, Shigeta Y, Takeuchi T.
Cloning and biochemical characterization of genes encoding two isozymes of cysteine synthase from Entamoeba dispar.
Molecular and Biochemical Parasitology 2000 Mar 15;107(1):129-33.

(和文論文等)
所 正治、菱矢直邦、新井正伸、有沢富康、太田雅文、荒山駿介、永元健啓、及川陽三郎
形態的に赤痢アメーバを検出し得なかったアメーバ性肝膿瘍の2例
日本臨床寄生虫学会誌 2015 in press.

児玉義勝、ラハマン・ショフィクル、梅田浩二、ヌグエン・バン・サー、寺本勲、所正治
クリプトスポリジウムP23糖タンパク質抗原に対する機能性リベチン(Immunoglobulin Yolk: IgY)を用いた経口受動免疫の野外応用
臨床獣医2014.8.1(緑書房). 32(8):41-45

及川陽三郎、所 正治、小林 顕
液体培地を用いたアカントアメーバの簡易培養と容器付着性シストの検出
寄生虫学:材料と方法 2013年版 2013.12.10 三恵社:41-15
ISBN978-4・86487・137・2 C3047

所 正治、山本 剛、石原温子、坂井理恵
臍帯血および羊水からPCRによってトキソプラズマが検出された先天性トキソプラズマ症例
日本臨床寄生虫学会誌 2013;24 (1);27-29.

及川陽三郎、松村隆弘、所 正治
石川県のClinostomum sp.症例について
日本臨床寄生虫学会誌 2013;24 (1);15-17.

松村隆弘、油野友二、寺崎修一、所 正治
低タンパク血症にみられたジアルジア症の1例
日本臨床寄生虫学会誌 2013;24 (1);15-17.

松村隆弘、油野友二、西村泰行、所 正治
胃瘻造設術後に見られた好酸球増多を契機に発見されたジアルジア症
日本臨床寄生虫学会誌 2012;23 (1);86-89.

山田稔、手越達也、谷川真理、八城博子、浜畑昌代、吉川尚男、橘裕司、所正治、張栄済
赤痢アメーバ感染症の2例:Entamoeba dispar感染にヒトブラストシスチスおよび小形アメーバが検出されたブラジル人症例と回盲部に潰瘍を認めた無症候性E. histolytica感染の日本人症例
日本臨床寄生虫学会誌 2012;23 (1);82-85.

荒井朋子、所 正治、近藤恭夫、細川晃平、佐藤保則
血清検体からPCR により検出された骨髄移植後のトキソプラズマ脳症
日本臨床寄生虫学会誌 2010;21 (1);16-19.

所 正治、伊藤 誠、水野哲志、Rahman Moshiur、Din Syafruddin
獲得免疫がジアルジア感染を抑制しているのか?
Recent Advances in Medical Sciences: Parasites and their Human and Animal Hosts 2010;31-33

及川陽三郎、Amjad Hussein、小林 顕、横川英明、所 正治、北川和子
アカントアメーバ角膜炎の患者分離株とコンタクトレンズ保存ケースよりの分離株の比較
Recent Advances in Medical Sciences: Parasites and their Human and Animal Hosts 2010;35-40

松村隆弘、 仲本賢太郎、所 正治
ヒト糞便検体からのGiardia intestinalisの分離培養: 新規分離株の培養条件の検討
Recent Advances in Medical Sciences: Parasites and their Human and Animal Hosts 2010;53-56

仲本賢太郎、荒井朋子、所 正治、上村 清、藤澤裕子、橋本知幸林
糞便中の幼虫よりハエ蛆症が疑われ、後に食品害虫であるジンサンシバンムシと同定された1症例
日本臨床寄生虫学会誌 2009;20 (1);108-110.

所 正治、仲本賢太郎、荒井朋子、金子佳史、林宣 明、上田幹夫
HIV感染に合併した内臓リーシュマニア症の一例
日本臨床寄生虫学会誌 2009;20 (1);96-98.

及川陽三郎、田原研司、吉田知代、荒井朋子、所 正治、高田伸弘
わが国の野鼠血液からの病原体検出状況―特にネズミバベシアについての分布と感染性の考察
大原年報(Annu. Rep. Ohara Hosp.)2009;49;7-14.

所 正治、Amjad I. A. Hussein、田中身和、山口智博、森尾友宏、佐藤隆介、水谷修紀
免疫低下にともなうMAC感染症に合併した呼吸器クリプトスポリジウム症の一例
日本臨床寄生虫学会誌 2008;19 (1);55-58

所 正治、山口智博、田中身和、小林 顕、及川陽三郎
病原性寄生原虫における分子分類の現状.
Current status of molecular taxonomy in pathogenic protozoan parasites
十全医学会雑誌2008.6;117 (2):53-57.

所 正治、吉田知代、荒井朋子、井関基弘、古川 博、小松八千代
PCR法によるサイクロスポーラの検出と種の同定.
日本臨床寄生虫学会誌2006.3;17 (1):145-148.

所 正治、井関基弘
腸管寄生原虫検出におけるMIF変法の評価.
日本臨床寄生虫学会誌 2005.3;16(1):53-57.

所 正治、井関基弘
臨床で問題になるいくつかの "原虫" の分類に関する最近の知見.
日本臨床寄生虫学会誌2005.3;16(1):9-12.

山本徳栄、砂押克彦、山口正則、森田久男、森永安治、川名孝雄、高木正明、鳥海 宏、所 正治、井関基弘
クリプトスポリジウム症患者におけるオーシスト排出数の推移と排出期間.
日本臨床寄生虫学会誌2005.3;16(1):73-75.

福羅匡普、川原 弘、山田真善、高瀬修二郎、及川陽三郎、所 正治
PCR法による糞便中遺伝子の検出が診断および治療効果の判定に有用であったアメーバ赤痢の1例.
内科 2005.5.1;95(5):989-991.

(その他著書)
所 正治(分担)
消化管・泌尿生殖器寄生の原虫症
今日の治療指針―私はこう治療している 2016.1(医学書院):288-289.

所 正治(分担)
トキソプラズマ症
今日の診断指針 第7版 2015.3(医学書院): 1429-1431.

所 正治(分担)
トキソプラズマ症
今日の治療指針―私はこう治療している 2015.1(医学書院):266-267.

所 正治
リーシュマニア症
今日の治療指針―私はこう治療している2014.1(医学書院):260-262

松村隆弘、所 正治
消化器症状を主症状とする寄生虫感染症 ジアルジア症、クリプトスポリジウム症、サイクロスポーラ症
臨床と微生物41(4)見逃すな、寄生虫感染症 2014.7(近代出版):21-25

所 正治
消化管原虫症
日本臨牀別冊 感染症症候群(下)(第2版)2013.9.30 日本臨牀社:331-335.

所 正治
ジアルジア症(ランブル鞭毛虫症)961-962
クリプトスポリジウム症 965
疾患・症状別今日の治療と看護改訂第3版(改訂第3版)2013.3.30 南江堂: 総ページ数 1467

所 正治
ジアルジア症(ランブル鞭毛虫症)961-962
クリプトスポリジウム症 965
今日の治療と看護(改訂第3版)2013.3.30 医学書院

所 正治 分担執筆
「寄生虫疾患概論」1878-1880
「赤痢アメーバ症」1885-1886
「自由生活アメーバによる感染症」1886-1887
「ランブル鞭毛虫症(ジアルジア症)」1889
「クリプトスポリジウム症, イソスポーラ症, サイクロスポーラ症」1890-1891,
「膣トリコモナス症」1891
カラー版内科学 2012.7.24 西村書店

所 正治
消化管・泌尿生殖器寄生の原虫症
今日の治療指針―私はこう治療している2012.1(医学書院):240-241

吉川尚男、橘、所 正治、阿部
腸管寄生原虫の遺伝子検査法
検査と技術vol.40(No.6) 2012(医学書院):478-492

荒井朋子、所 正治. クリプトスポリジウムのオーシストの染色「Medical Technology」別冊 新 染色法のすべて2011.3.25 (文光堂):372-373

井関基弘、所 正治. クリプトスポリジウム症. 改訂版 人獣共通感染症(木村 哲、喜田 弘、編、医薬ジャーナル社)2011.2.20:406-414.

所 正治
トキソプラズマ症
今日の治療指針―私はこう治療している2011.1.1(医学書院):252-253

所 正治
肝クリプトスポリジウム症
別冊 日本臨床 新領域別症候群シリーズNo.13 肝・胆道症候群(第2版)―その他の肝・胆道系疾患を含めて― 2010.9:131-134.

所 正治
われらが研究室:フィールドから実験室まで-寄生虫を専門とする研究室
Medical Technology 2010.9(文光堂): 438-439.

所 正治
外来を訪れる寄生虫症:抗原虫薬:メトロニダゾール、チニダゾール、ST合剤
Medical Practice 2010.9(文光堂): 438-439.

所 正治、井関基弘
クリプトスポリジウムとジアルジア
広範囲血液・尿化学検査・免疫学的検査―その数値をどう読むか-[第7版] 日本臨床 2010.6;68(6)増刊号:263-266.

所 正治
ランブル鞭毛虫症(ジアルジア症)、その他の原虫症
今日の消化器疾患治療指針 第3版 2010.3(医学書院): 438-439.

所 正治
クリプトスポリジウム症
今日の診断指針 第6版 2010.3(医学書院): 1387-1388.

所 正治、竹内勤
腸管寄生虫症
別冊 日本臨床 新領域別症候群シリーズNo.12 消化管症候群(第2版)―その他の消化器疾患を含めて― 2009.9:70-74.

井関基弘:原虫(原生動物).渡邉信 ・西村和子・内山裕 夫・奥田徹・加来久敏・広木幹也(編)「微生物の事典」、2008.9.(朝倉書店):410-413.

所 正治
クリプトスポリジウム症
別冊 日本臨床 新領域別症候群シリーズNo8 呼吸器症候群(第2版)―その他の呼吸器疾患を含めて― 2008.12:188-191.

所 正治
寄生虫性肝胆系疾患/特集・肉芽腫性肝疾患の基礎と臨床
肝胆膵2008.10(アークメディア);57(4):565-570

所 正治
クリプトスポリジウム症/特集・寄生虫感染症
化学療法の領域2008.9(医薬ジャーナル社); 24(9): 21-25

所 正治
消化管・泌尿生殖器寄生の原虫症
今日の治療指針―私はこう治療している2008.1(医学書院):184-186

仲本賢太郎、所 正治
世界的にみた感染症の検査法―赤痢アメーバ、クリプトスポリジウム
臨床と微生物 2007.7; 34(4): 329-334 (近代出版)

所 正治
ジアルジア症(ランブル鞭毛虫症)・クリプトスポリジウム症
寄生虫症薬物治療の手引き( 2007年.1)改訂第6.0版(熱帯病治療薬研究班):11-14

所 正治、仲本賢太郎
腸管寄生原虫の病原因子.
日本臨床:増刊新感染症学 -新時代の基礎・臨床研究-(下)2007.3;65(増刊号3):470-473.

井関基弘、所 正治
クリプトスポリジウム症.
日本臨床:増刊新感染症学 -新時代の基礎・臨床研究-(下)2007.3;65(増刊号3):287-290.

所 正治、井関基弘
クリプトスポリジウム症: 特集/消化管寄生虫症の最近の話題.
G.I.Research 2006.8;14(4):336-341.

所 正治、井関基弘
クリプトスポリジウム.
広範囲血液・尿化学検査・免疫学的検査―その数値をどう読むか-[第6版] 日本臨床 2005.7;63(7)増刊号:256-258.

所 正治
赤痢アメーバの病原性.
臨床と微生物 2005.5;32(3):227-231.

所 正治、井関基弘
飲料水から感染する寄生虫症.
治療 2004.10;86.(10):80-84.

井関基弘、所 正治
クリプトスポリジウム症.
人獣共通感染症(木村 哲、喜田 弘、編、医薬ジャーナル社)2004.8.10:321-328.

所 正治
第11回国際感染症学会議参加報告.
週間医学会新聞 2004.5.17;2584:5.

井関基弘、所 正治
クリプトスポリジウム症.
小児科 2004.3.;45.(4) 増刊号:171-176.

井関基弘、所 正治
水に関連した感染症 -クリプトスポリジウム症を中心に-.
成人病と生活習慣病 2003.9;33(9):1031-35.

小林正規、所 正治、竹内勤
赤痢アメーバ.
臨床と微生物 2000.10.;27増刊号:152-155.

ページトップへ